人気の中古住宅

最近販売されている中古物件の平均的な価格

一戸建て住宅の購入希望者の間で大きなブームになっているのが、中古一戸建て住宅限定の物件探しである。特に新築と比べて手ごろな価格帯のために、都市部でマイホームを購入する人の間で人気急上昇中である。また注目されている価格帯は4000万円台後半から5000万円台前半であり、通勤に便利な物件を購入するのが一般的である。また中古であってもグレードの高い物件を選ぶ人が多く、その中心となってるのは築10年前後の物件である。しかしリフォーム済みですぐに暮らせる物件であれば、築年数にこだわらずに物件を選ぶのがトレンドである。その場合には3000万円台の物件を選ぶのが一般的であり、1000万円以下の自己資金で購入できるのが人気の秘密である。

中古物件流通のこれまでの変化の歴史

中古一戸建て住宅の流通の歴史は、建築技術の発展と大きな関係があるのが一番の特徴である。特に建物の耐用年数が長くなり、メンテナンスのノウハウも蓄積されて、信頼できる中古一戸建てが増えた時期が大きな転換点である。また不動産業者や売り主の情報公開の姿勢も強まったので、最近では新築にこだわらない人が増加傾向である。そのために初めてマイホームを購入する人も、中古物件に強い興味を示すのが最近のトレンドであろう。また中古物件向けのウェブサイトが充実したことで、物件の情報量が増えたことが最近の大きな変化である。したがって中古一戸建て住宅の選択肢が増えただけではなくて、画像や間取り図も参考にしながら物件が選べるのがこの10年間の特徴であろう。