まず検討すること

一戸建ての種類について

一戸建てを持つ場合は新築か中古なのか、または建売か注文かを事前に比較検討すべきです。価格も重要ですが、自分達が住む上でどちらが合っているかを考えた上で価格を比較検討することが重要です。まず、それぞれのメリットデメリットを確認すべきです。そして、自分達の許容範囲と照らし合わせながら決めるべきです。もし、注文住宅で一戸建てを建てる場合は、ハウスメーカーをいくつか比較することをおすすめします。注文の場合は間取りを自由に決められることが特徴ですが、業者によっては得意なものとそうでないものがあります。自分達の希望の間取りに合ったハウスメーカーを選ぶべきです。そのためには、まず土地探しから始めることが大切です。

各種類における価格について

価格は新築・中古などの種類や建売か注文かによって大きく異なります。また、駅からの距離や地域の発展度合によって相場が異なるので立地選びも重要です。注文住宅で一戸建てを建てる場合は土地と建物の値段の他に初期費用が必要となります。初期費用は水道工事費や地盤調査費など、土地によって価格は異なるものの必ず必要となる費用です。総合的には建売の方が価格は安いです。建売の場合は機材をまとめて大量に購入するため材料費が抑えられるのが特徴です。建物の価格は年数が経つと価値が減っていきますが、土地の価格はあまり変わらないということもありますので、一戸建ての場合は土地と建物の価格のバランスが重要です。また、メンテナンスなどの価格を事前に確認し資金を準備しておく必要があります。