家の形

まず検討すること

一戸建てを購入する時に、まず検討する必要があるのが、新築なのか中古なのか、建売住宅なのか、注文住宅なのか、ということです。同じ住宅でも、それぞれ特徴が異なるので、しっかりと検討する必要があります。

ローンを考える

一戸建てを購入する場合、ほとんど人がローンを組みます。ローンを組む時には頭金を揃える必要があります。頭金は、住宅の本体価格の2割程度になります。つまり、3,000万円の住宅を購入する場合、600万円は頭金として必要になります。

人気の中古住宅

新築の一戸建てに比べて、中古一戸建ての方が安く購入しやすいため、人気が高まってきています。価格相場は、4,000万円後半~5,000万円前半程度です。中古の場合でも、リフォームをすることで快適な家にすることができます。

オススメリンク

  • リナルク都市設計

    好立地として有名な、相模原の不動産物件を検討中の人に朗報!豊富な数の物件を取り扱っている不動産会社がここにありますよ。

魅力や違い

マイホームを建てて、後悔しないようにするには住宅メーカー選びが重要です。姫路市で注文住宅を建てる方はこちらを参考にしましょう。

賃貸住宅に今まで住んでいた人も、いずれは愛知で一戸建てを購入したいと思っている人は多いです。一戸建てを購入する時に、まず大きな決断となるのが、建売住宅にするか注文住宅にするか、ということです。自由度が高い家に住みたいという場合は、注文住宅の方が良いです。自分の希望を叶えた家づくりができるのが、注文住宅の特徴です。注文住宅とは、自分が希望を取り入れた家づくりができるというものです。ただ、住宅会社によっては仕様や制限があるので注意が必要ですが、比較的自由に家づくりを行なうことができます。魅力あふれる注文住宅ですが、注意すべきポイントもあります。それは、建売住宅よりも費用が高額になる可能性が高いことです。家族全員の希望を取り入れた家づくりとなると、簡単に予算オーバーしてしまいます。逆に、予算内で家づくりをするとなると、全く希望が取り入れられないということもあります。予算に余裕がある場合は良いのですが、あまり予算が無いという時は注意した方が良いです。

注文住宅と建売住宅の大きな違いは、土地を先に購入することです。建売住宅は、建物と土地がセットで販売されています。それに対して、注文住宅は土地を購入してから、その土地に建物を建てるという流れになります。建て替えの場合は、その土地を利用しますが、それ以外は土地を探す必要があります。土地を探す時から、既に家づくりは始まっています。いくら家が良くても、土地が悪ければ、その分住みにくくなってしまいます。土地に対する希望条件を決めることは大切ですが、条件を全て満たす土地を探すというのは簡単ではありません。優先順位を決めて、妥協できる部分と妥協できない部分を決めておくと、土地も探しやすいです。